クラシックで心をリラックス?について

トップ画像

クラシックで心をリラックス?

最近何かストレスが溜まって心が疲れたなーと思っている人はいませんか?
どうにかして癒しを求めたいのですが、マッサージなどではお金がかかるし、何かお金がかからないリーズナブルな方法でリラックスできる方法がないか探している人に必見です!
そこでオススメできるのが、クラシックです!
クラシックにはちょっと特殊な音波になることが多く、心を癒してくれるという効果があります!
クラシックならば、CDレンタルショップで借りることもできるので、マッサージ等と比べても全然比較にならない程、リーズナブルです。

□クラシックの選び方
しかし適当にクラシックを選べば良いという訳ではありません。
人には音波が合う合わないというのが決まっているので、いくつかクラシックを聞いてみて、自分がソワソワせずに落ち着いて聞いていられるクラシックを選択しましょう!
後は、寝る前などにあまり音を大きくしないで聞いているとリラックスすることができるはずです!

クラシックにおける著作権について

クラシック音楽は過去数百年に生み出された作品ですから著作権が切れているものもあります。これが切れる年数は国によってまだ統一されておらず、作家の死後日本は50年、ヨーロッパなどは70年というのが一応の目安です。クラシック音楽における著作物ですから譜面に書かれているメロディのすべてがそれに該当します。しかしすべてのメロディをチェックすることは難しく、どこか似ているけど違うこともありますし、意図しなくとも何かと似てしまう場合が多々あります。ですから著作権というのは基本的に親告罪になっています。これは誰かが悪意を持ってそれを模倣した場合、元の作品と比べた時に明らかに盗んだという判断される場合に権利を持っている作家や管理会社が模倣した人を訴えることで始めて裁判が出来ます。とはいえクラシック音楽は著作権が切れているものも多いのでそれは自由に使って良いことになっています。パブリックドメインと呼ばれ、過去の偉大な著作物は全人類の財産として保存されていきます。パブリックドメインになった音楽は様々なジャンルと同化してリバイバルヒットしています。例えばブライダル用のハウスミュージックなどは頻繁に古典音楽が模倣されていますし、ヒップホップやクラブミュージックなどの多ジャンルを混ぜやすい音楽ではよく利用されています。いずれにしても自分が創作する場合はパブリックドメインになっているかどうかをきちんと調べる必要があります。

check

アクリルケース

2017/10/13 更新